fc2ブログ
 明け方の夢を膨らませて作った、切ないSMの物語


★新館・旧館・別館の構成★

1.新館、通常更新のブログ

2.別館、女性向けSMあまあまロマンス
つまりここ↑

旧館バナー
↑本館の旧コンテンツを見たい方はここに
プライベートモードです。パスワードは「すぱんきんぐ」
画像のリンク先は自己責任でお願いします




性的、暴力的な表現を含んでいます。
虚構と現実の区別のつかない方
18歳未満の方はご遠慮くださいませ。
自己責任に於いて閲覧していただきますようお願いします。

 







↓タイトルをクリックするとページに飛べます。
 または、サイドの作品名からもJUNPできますよ

連載途中16、休みの日におまえは・・・

 志方拓真と高野晃のふたりは会社の同僚で偶に身体を繋げる関係だったのだが・・・。短編「休みの日の会社は・・・」の二人のその後・・・。

15、短編
  (1)僕は書生さん♪
  (2)願い(番外編)
  (3)休みの日の会社は・・・
  (4)やさしいささやき
  (5)休みの日に家で・・・・
  (6)休みの日の前の夜は・・・・
  課題練習・4

14、御伽話

 本宅で、あるサンプルにずっと続けて書いている詩です。本宅にいる限り、詩の中身はあまり注目されません。(笑)

13、ずっとあなたが好きでした・2(完結)

 「きみのためならどんなことでもできる・・・そう信じていたのに。君を失うなんて考えもしなかった。」その時東野は・・・。

12、そしてカノン(完結)

 辛い気持ちを忘れたい時、なぜか痛みが必要になる・・・それなのにそれを認めるのにもためらいが・・・・フランツの辛い気持ちはヴァンツを揺れ動かす。

11、半陰陽の花・・・Androgynous(完結)

 「お尻を叩かないの?」愛らしい赤い唇に求められて、抗することのできる男などいるものだろうか?

10、メール調教ユキ(初期作品)(完結)

 女の子の先輩からメール調教を受ける事になったユキ。恥ずかしいこと命令されて、恥ずかしいことをしている自分が信じられなかった。でも、一度知ってしまった世界。もう、後戻りは出来ない・・・・。


9、さわってほしい・2(完結)

 淳一君の身体を毎日拡張している各務。サディストの彼にも高原のMのパートナーだった8年間の過去がある。淳一の恋は実るのか?


8、君は花のように・・・(完結)

 恋人にSMの写真集のモデルになることを求められたら、あなたは、うなずきますか?


7、願い(完結)

 自分が男しか愛せないと気が付いた時。それは、どんなに願ってみても、愛する人に出会えない長い旅の始まりだった。


6、あなたが欲しい(完結)

「ずっとあなたが好きでした」番外編 瑞季に一ヶ月も射精を禁じられている東野は、すでに、ぎりぎり。瑞希の側にいるだけで、彼女に触れたくてたまらない。

5、ずっとあなたが好きでした(完結)

 瑞季は、Mの男性にSMの手ほどきを受けてから、水曜日は秘密のクラブで遊んでいるはんぱな女王様。ところが、秘書の東野に告白されてから・・・・。求められるってなんでこんなに心地いいんだろう。

4、Sのテクニック(完結)

 「サディストな彼」の博人君がどうにも頭の上がらない人がいます。それは「悪逆非道傲岸不遜ザイルの神経」の叔父さんです。

3、加虐と被虐の輪舞曲 (完結)

 一生あなたに忠誠を捧げると決心していた。あなたを守り、使え支えになる事。あなたが私に見せてくれた苦しみを取り除けたら。それだけを願っていたのに・・・。私の心の中には悪魔が住んでいる。あなたの痛みそれがこれほど甘いものだとは・・・・・。私は囚われる。あなたの苦しみに。

2、サディストな彼(完結)

 私の大好きな博人さんは、SMが好きだったの・・・。私は彼と一緒に扉をくぐって行けるのかしら?

1、さわってほしい

 男に売られちゃった俺、淳一。相手は筋金入りの実業家でサディスト高原弓人。なのに、下準備をする医者のほうへ惚れちゃうなんて・・・最低。




★本宅へ物語ごとのリンクページ★
恥ずかしいの(6回シリーズ・完結)

可愛いせつな♪
可愛いせつな♪・2

いきたい・・

サディストの私

みほちゃん1・前編
みほちゃん2・後編
みほちゃん3・前編
みほちゃん4・後編
みほちゃん5
みほちゃん6
みほちゃんと私
みほちゃん7
みほちゃん8

むかしむかしあるところに・・・

面格子
ラブリュイール
洗濯ばさみ

18の春
18の夏
18の秋
21の冬

ネット調教

狭間に・・・・

舞姫

白昼夢

【お仕置きシリーズ】

スパンキング
万里江
美由紀
ラブ・スパンキング
クロード
琴音・第一部(夫)
琴音・第二部(義母)
琴音・第三部(義父)
琴音第四部(お披露目)

スポンサーサイト
[PR]

 ご訪問ありがとうございます。ブログ形式のために読みやすいように過去ログの古い順番に並べてあります。
 一番簡単な読み込みの方法は一番最初のサイトマップやサイドバーの作品名から目的の作品のページへ跳び、上から順番に読んで一番下のNextをクリックされる事でページをめくるようにしますと、最小限のページ読み込みで最後まで読めます。
 1ページずつめくっていく方法では、エントリーの下にある中心にホーム両側に前の記事や次の記事のボタンをお使いくださると上手くいきます。
 最新の記事へ直接とぶためには、左サイドの新しい記事をお使いください。
 どの場所にいても、最初のトップに戻りたいときは、最下部の「人形のように」のブログタイトルリンクをクリックしてください。



さわってほしい


W320Q75_20080126c.jpg



 好きな人がいるんだ。どういうわけか男。しかも十五歳以上も年上……。困った事に主治医。毎日がためいきの連続だよ。
 俺の名前は香川淳一(かがわじゅんいち)。十六歳。高校生。父親はいない。母親は自堕落なホステス。つまり俺は私生児ってわけ。でも、お袋はあきれるくらい美人だ。とても十六の息子がいるなんて思えない。当然周囲には子供がいる事を出来る限り隠していた。ところが最近体を壊しちまった。病気だから働けない。そこで、お袋は、いい考えを思いついた。俺を、知り合いの男に売ったんだ。
 信じられるかい?一人息子を男娼として売っちゃうなんて。そいつはめちゃくちゃ金持ちで、いい男で、お袋のお客だったらしいけど、若いきれいな男をとっかえ、ひっかえお袋の店に連れて来るっていうんで、男が好きなんだろうって評判だったらしい。
 あああ。それで、お袋は、一千万も吹っかけて俺を売りに出したって訳。売るほうも売るほうだけど、買う方も買う方だよ。人身売買だぜ。もちろん建前上はそうはなっていないさ。だけど、お袋は金を持ってドロン。俺は自分名義の借金と一緒に男の所へ放り出されたって訳。
 金を踏み倒せば、未成年の俺は、無一文。身寄りも無く、頼る人もいない。家も無くなって寝るところも無い。どうすりゃいいのよ。おとなしくその男のものになるしか無いじゃん。そうすれば、とりあえずは広い屋敷に、暖かいベッド。コックが作ったうまい食事。贅沢な服にちゃんとした教育が保障されるっていうんだからさ。俺には選択の余地なんて無いって事。そいつが俺をどうしようと思っていたか知らなかったし……。
 いや、違うな。知っていてもやっぱり、その男のところに残ったと思う。
 何しろ母親が男に売ろうって思いつくくらいだから、俺は母親似の美人さん。路頭に迷えば、その先の見当くらいつくさ。どっちに転んだって身売りする方へいっちまう。小学校の頃、学校の先生に尻を撫で回されたり、見知らぬ高校生に押し倒されそうになったりなんてしょっちゅうだった。だから、自力で立つよりも、男のものになった方が安楽な生活が出来る。そう思ってしまった。そして、黙ってその男の家に行った。
 正直に言うと、逃げ回っていたせいで、男どころか女も知らない。全くの童貞だった。せめて、俺を買った相手が有閑マダムだったら、なんぼかましだったって、心の中でお袋をののしったけど、何の意味も無い。お袋に聞こえるわけじゃなし、俺の運命がよくなるわけでもない。
 男に売られたら、次に待っているのは…男に抱かれなきゃいけないって事だけ。
 はああああああ。全くもう、お先真っ暗ってこの事だよ。せめて、好きな娘とエッチしとくんだった。




↓ランキングに参加しています。応援してね。☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ


 男の名前は、高原弓人(たかはらゆみと)。年齢はいくつだろう。多分四十代後半。職業は社長。ほんとはよく分からない。いくつも会社を持っているんだ。会社だけじゃない。ホテルもレストランもバーも持っている。金も使い切れないほど持っている。青山に本宅があって、奥さんも息子も娘も持っている。多分愛人だって男妾だって持っているんだろう。お袋の勤めていた店にとっかえひっかえ若くて綺麗な男を連れて来たって言ってたから、ホストクラブとか秘密クラブとか売春組織とか、思いっきり、怪しい事していたって不思議じゃないんだ。
 ただし、見かけはえらくかっこいい。水も滴るいい男で、服の着こなしだって、押し出しだって…。女が群がって付いて来ても不思議じゃない。はっきり言って「金出して男買う必要がどこにあるんだ!」って叫びたくなるような男なんだよ。
 で、俺が呼びつけられたのは、成城にある、別宅。別宅って言っても部屋が三十七に、風呂が十八もあるっていう迷路のようにでかい家。塀も高くて、厳重なセキュリティも、監視カメラも、警備員も付いている。玄関を入ってドアを閉められたときには、二度と外に出られないんじゃないかって思ったくらい。執事って、とんでもない職業の人間がいて無表情に出迎えてくれて、男の部屋へ案内してくれた。応接間?それとも書斎?分からないけど男はガウンを着て、ブランデーを飲んでくつろいでいた
「君が淳一君か」
 思いっきり余裕かましたような態度と口調。
「条件は聞いたと思うけど、どうするつもりだい」
「…借金をチャラにする代わりに、ここに住んであんたのものになる。その代わり大学卒業まで生活教育の一切を面倒見てくれる。8年間の契約で…。その間は、何をされても文句を言わず絶対服従。そのかわりあんたも、一生残るような傷は体につけない。…だろ?」
 この後の一言が俺の運命を決めてしまう。ああ、そうさ。開き直れ。逃げ場はない。震えを抑えて息を吸い込んだ。落ち着け俺。
「条件は飲んだから」
「ふむ、絶対服従って意味。分かっているのか」
「多分、分かってない。あんたが……あんたが何するつもりか知らないからね。きっと、思いっきり変態な事させるつもりなんだろ。でも、しょうがないさ。他に、選びようが無いし、お袋は俺をだまし討ちに、金だけ握ってさっさととんずらこいちゃったし」
 高原は、苦笑した。
「じゃあ、脱いで。体を見せてもらおう」
 いきなりかよ。こんな明るいところで?ベッドとかにも行かずに?これから、どういう生活が始まるのか突きつけられたような気がして、血の気が引いていくような気分だった。でも、ここで引いたら負けなんだ。何に負けるって分かっている訳じゃないけど、そんな事なんかなんでもない……って、顔をしてないと、やっていけそうに無い。俺は、歯をくいしばって、服を脱ぎ始めた。
 男同士だっていっても、相手がいやらしい目的で見ているって思うだけで、顔から火が出るような屈辱だった。ボタンを外す手が震える。なんでもない。こんな事、ただ、服を脱ぐだけ。裸を見られたって減るもんじゃないし。自分自身に言い聞かせるようにして叩きつけるように服を脱いでいく。素っ裸になるとぐいっと顎を挙げて、男をにらみつけた。でも、どうしたって、顔が青ざめているのも、体が震えているのも、隠しようが無かった。
 高原は、しばらく俺の顔を見ていた。それから舐めるように視線を下げていった。羞恥って、どんなものだか思い知らされるような視線。ちりちりとあそこに張り付くような。膝がかくかくと震える。こぶしを握りしめて足を踏ん張る。そうしていないと倒れそうだった。
「後ろを向いて」
 追い討ちをかけるように高原が指図する。何を言われても逆らえないんだ。くるりと体を返す。思わず尻に力が入る。男同士で何をするのか知っているさ。尻の穴にあれを突っ込むんだ。ああ。だけど、自分が本当にヤラレル立場になるなんて今までこれっぽっちも考えてもみなかった。



↓ランキングに参加しています。応援してね。☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ


 「いいだろう。ここへ来て、その机にうつぶせて」
 喉がからからになって、舌が上あごにくっつきそうだった。言われたとおりに高原のそばへ行き、高原が示す机へ体を屈める。ちょうど座った男の触りやすいところへ尻を差し出す格好に。漏れる息がやけに熱く胸苦しかった。
 ひやりとした男の手が尻をまさぐる。ああ!やめろよ。叫びだしたいほどの嫌悪感。
「もっと、足を開いて」
 ああ、くそっ!なんて奴なんだ。俺は少しずつ脚をずらして開いていった。男の手がするりと尻の間にもぐりこむ。そしてアナルに指を押し付けてきた。吐き気が込み上げてくる。そんなところをいきなり触られても、何も抵抗できない自分が情けなくて。しかも、あろう事か男は手を返して、足の間からぶら下がっているものを掴みしめた
 あっあっ!じんわりと力を込められて冷や汗がどっと湧き出てくる。
「どうだい。淳一君。何も逆らえないってどういう事か、少しは分かったかい?」
 俺は、必死でうなずくしかない。机に押し付けた手を握りしめ、目をつぶり、顎を突き上げて、震えながらも足を閉じる事すら出来ないんだ。
「や、やめ…」
 思わず声が漏れた。すると男はぎゅっとこぶしに力を入れて来る。
「ひっ!」
「君は、まず口の利き方から治す必要があるな」
「う…っく」
「君は、私の奴隷になるんだよ。私の事は旦那様と言いなさい。そして、敬語を使う事だ」
「わ、分かりました。……旦那様」
 声が震えた。情けなくって涙が滲んでくる。だけど、玉を握られていて、俺に何が出来る?いや、されてなくったって、俺が売られてこいつのものになっちまったって事に変わりは無いんだ。こうやって、裸で尻を差し出して、這い蹲るのが俺の役目なんだから。最後に奴はひときわぎゅっと力を入れて、俺に悲鳴をあげさせてから、俺の体から手を離した。
 サイドテーブルのグラスの横に置いてあったお絞りで手を拭いながら男は低く笑っていた。俺は、歯をくいしばって、机にしがみついているしかなかった。男がベルを鳴らすと、すぐに、執事が入ってきた。裸で机にしがみついて震えている俺を見ても、表情一つ変えない
「各務を呼べ」
 ぴしゃっ、と手のひらで尻を叩かれた。俺は、机の上で陸にうちあげられた魚のように跳ねた。
「まだ、動くなよ」
 尻の穴に何か冷たいものが触る。細くて固くて冷たい棒の方なもの。後で俺に吐き気を催させた事に、それは、グラスをかき混ぜるためのガラスのマドラーだった。男はその棒で俺の尻やアナルや足の間から覗く大事なものを突き回して、俺のおびえを搾り取った。
 いくら強がってみても、何の経験も無く、抵抗の術を剥ぎ取られて放り出された16歳の子供の俺は、奴がする事の意味が分からず、ほんとうに怖かった。力でねじ伏せられ、逆らう事を許されない身では、傷をつけないなんて約束も、何の慰めにもならないって事を思い知らされていた。
 ドアにノックの音がして、
「失礼します」
と、 白衣を着た男が入ってきた。銀縁メガネに前髪のかかる、お約束のような風体をした、背の高い男。薄い茶色の冷たい目をして、涙を浮かべながら、必死で机にしがみつく素っ裸の俺をじろじろとねめつけた男。これが、俺が、どういうわけだか全く理解できないけれど、すっかりとメロメロに惚れちまう事になる男。各務祐輔(かがみゆうすけ)だった。




↓ランキングに参加しています。応援してね。☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ


 「各務、明日の夜にこいつを抱くから、それまでに一通り調べて、準備させておいてくれ」
  明日の夜…。今日じゃないって事は俺をほっとさせる。と、同時に明日は何が何でも犯られちゃうのか…って、絶望感がじりじり忍び寄ってくる。でも、高原があっちへ行けと言う様に手を振ったんで、俺は、ありがたく洋服をかき集めて、下がらせてもらったさ。 
 あいつの視界の外へ出たってだけで、裸だろうがなんだろうがほっと息をつく気分だった。
「香川…淳一君だったね」
「え?あ…そう、です」
「こっちへおいで」
 廊下で服を着るのも間抜けなので、俺は裸のままぺたぺたと裸足の足音をさせながら、そいつの後を付いて行った。通されたのは二階で、うすら寒いほど広い続き部屋だ。驚いたのは入り口の部屋は半分タイル張りで鏡張りの風呂とトイレがあるって事だった。仕切りはガラス一枚で、何も隠せていない。部屋の中にはなんに使うのかよく分からない手枷足枷がついた台や卓やソファがあった。天井からは鎖が下がっているし、ガラスの戸棚の中には胡散臭いものがわんさかと、並べられている。 
「ここ俺の部屋?」
 なんか、脱力して、もうしゃがみこみたい。なんで俺、こんな目に合わなきゃいけないんだろう。
「いや、違うよ。部屋は廊下をはさんだ向かいだ。安心しろ。普通の部屋だよ」
 普通の部屋か。つまりここは、こいつにとっても、普通じゃないって事だ。
「…今から何するの?」
「今日は一通り調べて、洗うのは…まぁ、明日だね」
「調べるって…」
「病気が無いかとか」
「はぁ?あんた医者?」
「そうだ」
 そうか。それで、白衣を着ているのか。ってか、家に医者までいるのか。何のために?それを考えると俺は心底ぞっとした。
「服は、ここに入れて。シャワーでも浴びるかい?」
 鏡張りの風呂で?透明ガラスの仕切りしかないこの風呂で?ああああ。まるで動物園のサルになった気分。でも、さっきあいつに撫で回された事を思うと、石鹸をつけて思いっきり擦りたくりたい気分だった。
「浴びる」
 俺は、服を彼が差し出したワゴンの中に放り込むと、ガラスの扉を開けて風呂の中へ入った。部屋の中は暖かいから、シャワーで十分だ。思いっきり泡を立ててゴシゴシゴシゴシ擦った。何の気なしに鏡を見ると、その中にこっちを見ている各務って医者の姿が映りこんでいた。遠慮の無い視線で、見ている。俺を見ている。素っ裸で体を洗っている俺の体を高原に叩かれて薄く赤くなっているむき出しの尻を。あいつに締め上げられた急所を。そして、明日は男に抱かれる事になっているその体を。
 今の今まであいつはただの同性の医者だったのに。たまらない羞恥が体中を這い回って、俺は急にいたたまれなくって急いで目をそらせた。なのに…なのに…なんでだ?俺の息子はむくむくむくっと立ち上がってくるじゃないか。
 え?正直仰天した。なんで?なんで?なんで勃つんだよ。焦って、また顔を上げた俺は、また、各務と目が合ってしまった。その瞬間、にやりと笑う各務の視線が俺を刺し貫いていた。



↓ランキングに参加しています。応援してね。☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ


 「調べるって…何するのさ」
 裸の体から湯気を立てながら、俺はさりげなくバスタオルで体を拭く降りをして、体を隠していた。もう、知られているのは、分かっているけど、やっぱり恥ずかしい。
「簡単な検査だよ。採血と、検尿と、浣腸して触診…かな?」
  う……。浣腸して…触診?本気かよ。俺ってもしかして、ほんとに不幸?現実を突きつけられて移動するのも困難なくらいに起きあがっていたペニスは、あっというまに萎えてしまった。各務は、くすくす笑いながら、脱力してドスンと椅子にお尻を落とした俺の腕にゴムバンドを巻き始める。腕にかがみこんだ メガネの下は結構綺麗な顔している。
 ……ああああ。男に見とれでどうするんだよ。俺。ほとんど感じないくらいに痛みも無く注射針が腕の中に吸い込まれて、血液が抜き取られて行く。…上手い。いや、別にさ。注射が上手だからどうって訳じゃないけど、へたっぴいの看護婦に痣作られた事がある俺としては、それなりの技術職なんだから、ちょっと尊敬の気持ちが芽生えてきた。
「この診察台の上に上がって」
 その時各務が、部屋の端の白いカーテンを勢い良く音を立てて引いた。すると、産婦人科の内診台のようなものが現れた。
 やっぱりいいいいぃ!俺の尊敬の気持ちは瞬時に霧散した。正直初めて見るけど…想像していたよりもずっと卑猥だ。いや、違う。病気じゃないから尚更そう感じるんだ。しかも、あの上に上がってされる事っていえば「浣腸」なんだ。男に犯されるために「浣腸」するなんて。俺が地の底までどーんと落ち込むようなくらい気分になったって、それは無理ないだろう?
 逃げ出せるものなら、逃げ出したい。だけど、もう、逃げられない。この家の門をくぐった時から。いや、お袋が金で俺を売っちまったと知ったときから。なんて事無いさ。浣腸なんて。誰だって、やってるって。いや、やってないか。だけど、一応医療行為なんだし、平気さ。そうだろう?あああ。 誰か、なんでもないって言ってくれ。俺の頭の中では、とぼしいSMプレイの知識がぐるぐる廻っていた。
 台に上がろうとする俺の足は震えていた。何かが変わってしまうのが分かっていて、自ら拷問台に乗るような……胃の辺りがふわふわと落ち着かない、そんな気分。それでもなんとか、両足を両側に突き出ている足受けへ乗せる。宙に浮いた格好だから、ベッドの上に上がるのと違って、やけにやりにくい。足がぱっくりと開いてしまい、いくら男の俺だって 恥ずかしくて、赤くならずにはいられなかった。
「もう少し、下がって」
 各務は俺の尻の位置を調整させると、足受けのところへ乗った俺の脚の膝の辺りをベルトで固定し始める。怖い。自由を奪われるのがこんなに怖いものだとは知らなかった。
「手を挙げて」
 Ⅹに張り出しているその上部のところに俺の腕は固定された。腕にベルトが巻きつけられる時、俺は必死に歯をくいしばっていた。なんでもない。なんでもない。なんでもない。違う。なんでもない事ない。
 俺は自分で自分を差し出した。自分で自分を奴隷にしちまったも同然だった。




↓ランキングに参加しています。応援してね。☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ