fc2ブログ
 明け方の夢を膨らませて作った、切ないSMの物語


★新館・旧館・別館の構成★

1.新館、通常更新のブログ

2.別館、女性向けSMあまあまロマンス
つまりここ↑

旧館バナー
↑本館の旧コンテンツを見たい方はここに
プライベートモードです。パスワードは「すぱんきんぐ」
画像のリンク先は自己責任でお願いします




性的、暴力的な表現を含んでいます。
虚構と現実の区別のつかない方
18歳未満の方はご遠慮くださいませ。
自己責任に於いて閲覧していただきますようお願いします。

 
  椅子にまっすぐ座った彼女は、今までの様子と別人のようにぴったりと膝頭を合わせて、なにかを怖れるかのように小さくなっていた。
「お嬢様、おみ足を肘掛の上に開いてお乗せいただけますか?」
 弾かれたように、マリエーヌは赤い顔を私の方へ向けた。激しく首を振る。
「いや。そんな事絶対にいや」
 従順に何もかもされるままになっていた彼女が反抗した事に私はびっくりした。
「いや。ニコラス。嫌よ。お願い、そんな事彼にさせないで」
 驚いている私に、彼女は、椅子の中でにじり寄るようなしぐさをした。辛そうに眉がゆがめで、膝と肘掛に手を付いた彼女は立ち上がろうとする。
「困りましたね。お嬢様。あと少しですのに、素直になさらないのであれば、ちょっと括らせていただかなくてはなりません」
 さっと蒼ざめたマリエーヌはきっとハルトヴィックを、眦を吊り上げてねめつけた。
「なんですって!そんな事、許さないわ。無礼でしょう」
 子供とは言っても伯爵家の令嬢、その言葉には充分な威令があり、ハルトヴィックは明らかに蒼ざめて怯んだ。しかし、男二人に少女一人の人数を頼み伯爵の命令を嵩にきたこの男は、気を取り直すと慣れた手つきで彼女の両手を取ると、くるりとその周りに絹の紐を撒き付けた。
「あ、いや!」
 少女の抵抗など大の男にかかればなんという事も無いのだ。あっという間に彼女の括られた手は頭の後ろに廻されて肘掛け椅子の脚の部分に引っ張って止めつけられた。
「なにするの!」
 彼女はためらわず自由な脚を蹴り出した。ハルトヴィックはとんでもない所を蹴られそうになって、勢いよく後へ飛退かなければならなかった。
「お嬢様。お嬢様。お願いでございます。あと少しご辛抱くださいませ。後と同じ様に前の寸法も測るだけでございます」
 真っ赤になった顔を精一杯捻っていたマリエーヌは、情けない視線をチラッと私の方へ向けた。
「マリエーヌ」
 あと少しだから。という、彼の言葉を信じるしかないだろう。結局はすべての採寸を済ませなければならないのだから。だが、もじもじと膝をすり合わせていた彼女の身体はうっすらと汗をかき、首筋辺りまで赤く染まってきていた。
「失礼いたします」
 こんなシーンには慣れているのだろう、ハルトヴィックは気を取り直して彼女のそろえられた足首を両手でつかみ膝頭を彼女のお腹に押し付けるように脚を折りたたんだ。
「きゃあ……」
 その姿勢にされると力が入らないのだ。手早く脚の間にハルトヴィックが身体を割りいれると片方の膝頭に体重を預けるようにして彼女の脚を開いてしまった。肘掛に乗せ、手早く取り出した絹紐を巻きつけて膝の上を括る。
「いや。いやだってば。しないで」
 もがく彼女の身体をいなしながら、反対側の脚へ強く身体を押し付けるようにして充分割開き、再度肘掛けに乗せ揚げるとまた新たな紐を取り出して彼女の膝を拘束し始めた。
「いやあ。やめてよ。こんなのいや」
 彼女の声が鳴き声になってきて、私は意外な展開に驚いて腰を上げた。
「アルバート!乱暴するな。彼女は嫌がっている」
 ハルトヴィックは膝をついたまま彼女のそばから、大急ぎで離れた。床に手を着いたままかしこまっている。
「申し訳ございません。お嬢様が素直になさってくだされば、このような無礼な振る舞いには及ばなくてもすんだのですが…なにぶん、女性にとってはお辛い格好ですので」
 いや。違う。それだけなら彼女はこうも抵抗しなかったろう。おそらくは、さっき彼女の後ろを緩めた薬が、彼女の予想もしなかった結果を彼女の上にもたらしてしまった事が、彼女を動揺させているのではないだろうか。
 そう、ぱっくりと大きく割り開かれた彼女の身体は、すっかりと濡れそぼり絶え間なく蜜を吹き上げながら赤くうごめいていた。それと共に、女性なら消してありえない場所が私達の目の前でびくびくと堅く跳ねてその存在を主張し始めていた。ハルトヴィックが私の言葉に萎縮して小さくなってかしこまり、私がすっかりその光景に魅せられて息を詰めてみつめている間、彼女は恥ずかしい格好で拘束されたまま赤い顔をきつくねじって肩で大きく息を付いていたが、やがて、かすかに震え始めた。ぎゅっと瞼を強く閉じる。膝頭から内腿へ向けて細かな痙攣がはしり、爪先がピンと反り返った。
「痒い…」



↓ランキングに参加しています。応援してね。☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ
  え?僕が聞き返す間もなく、ぱっとマリエーヌは見開いた大きな瞳を私の方へ向けた。
「ニコラス。痒いの。助けて」
 僕が重ねて驚いて、ハルトヴィックの方を振り返ると、ハルトヴィックはかしこまって膝を付いたままますます小さくなっていた。
「さっきの薬か…」
「う……ん。いや。いや。解いて。この紐を解いて」
 改めて、まじまじと覗き込むと、彼女のそこはまるで命あるもののように痙攣を繰り返している。そして、そのうごめきにつれて彼女の開かれた身体が捻れ震えながら身もだえする様は、まさに男なら垂涎物の有様だった。とじようとあがく彼女の膝は震え、内腿の筋肉は彼女の努力をあざ笑うかのようにひきつれていた。
「ああ……気が狂っちゃう。やだ。お願い。お願いだから」
 私はハルトヴィックへ手を振った。
「早く済ませてくれないか」
 かしこまった振りをしながらもにやりと頬を緩める彼に、私はむっとなった。彼女を苦しめる権利をこんな男にむざと譲り渡すつもりは無かったからだ。彼は、にじるようにして前に出ると。
「ご無礼をお許しくださいますように」
 と、改めて深々と頭を下げると、彼女のぱっくりと開いた脚の間の寸法を測り始めた。
 おそらくは、マリエーヌにとって、拷問にも等しい長い時間が過ぎた。痒みのためにぴくぴくと痙攣している場所をハルトヴィックは今までどおりの手順でありとあらゆる寸法を偏執的により丁寧に計ったからだ。
 彼女が未成熟であるとはいえ、少年でもある印を示す場所も彼の手を逃れる事は出来なかった。紐と手がその上を這い回った事は、痒みをいや増す効果しかなかった事は明らかだった。彼女はその手が動くたびに小さく悲鳴をあげ、身体を揺すって泣いた。ようやくずべての寸法を計り終えたハルトヴィックは、今度は不思議な形の金属のディルドォを取り上げると、ゆっくりと彼女のそこへ付きたて始めた。
「うん…む……はぁ」
 頭の上に止められた彼女の腕が、必死に引かれる。まるで空洞になった金の枠のようなディルドゥはいくら濡れそぼっているとはいえ、彼女の未成熟でほとんど使われていないと思われる身体にとっては、痛みを与える結果にしかならなかったのではないだろうか。
 深く突き刺さったその器具の根元に付いたネジをハルトヴィックが廻し始めた。
「あ…なに?……いや、苦しい」
「申し訳ございません。中の大きさを計らせて頂きます」
 ネジを廻すに連れてゆっくりとその胴体が膨らみその大きさがネジにつけられた目盛りで分かるようになっているのだった。何度かネジが廻されるのを、彼女は苦しい息を繰り返しつき、腰をもたげて耐えていたが、遂に悲鳴を上げた。
 ハルトヴィックは手早くネジを元へ戻して、何かノートに書き付けると、今度はその角度を測り始めた。マリエーヌはぐったりと椅子に背をあずけ、ただただ喘いでいるだけだ。

「よろしゅうございます。終わりましてございます」
 ハルトヴィックが、その不気味な道具を引き上げ始めると、彼女は溜息を付いた。これで、終わり。その安堵感が彼女の頬にのぼってくる。だが、私は、これで終わりにする気など毛頭なかった。
 ハルトヴィックが紐をほどこうと彼女の膝に手を掛けた腕を急いで掴む。驚いて振り仰いだ彼の目を、無表情に覗き込んだ。
「このまま下がってくれ」
 一瞬の驚きを…彼はすばやくしまいこんだ。
辺りに散らばっていた道具を手早く鞄に放り込み、再度、恭しくお辞儀をすると、彼は足早に部屋を出て行った。



↓ランキングに参加しています。応援してね。☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ
  マリエーヌは気だるげに頭をもたげると、私の姿を探して視線を泳がせた。
「ニコラス…」
 そして、小さくもがいて、紐が身体を相変わらず引き裂いて留め付けているのを確認すると、再びぐったりと椅子にもたれて溜息を付いた。まだ痒みが間欠的に襲ってくるのだろう腰をもじもじともじつかせている。
「ニコラス?…紐を解いてよ。あいつ、もう出て行ったんだろう?」
 私はさっきまで自分の座っていた椅子を、音を立てて引き寄せると彼女の脚の間を覗き込む位置に据えてそこへ腰を降ろした。マリエーヌはさっと顔色を変えて身体を起こそうとし、紐を喰い込ませて悲鳴を上げる。
「ニコラス。何するつもり?…いや。ね…もう、いやだってば。解いてよ」
 明らかに狼狽し、焦って自由な身体を取り戻そうともがくマリエーヌの上に、いったん鎮まったはずの痒みが、動く事で戻ってくるのはすぐだった。彼女は、恨めしげに僕をねめつけるとあきらめたのか身体を突っ張って椅子にめりこませた。僕は肘掛に肘をついてその手の上に頬を乗せ、彼女が震えながらじっと耐える様をみつめた。
「くっ…あぁ…は…」
まず最初は、右へ、反射的に跳ねて左へ。椅子に身体を押し付ける。頭を振ると、細かな汗が飛び散った。
「あああ……。いや。ニコラス。もう、許して」
「辛い?」
 こくこくと必死にうなずく子供は、反り返っていた爪先をきゅっと強く折りたたんだ。
「ああ!もうだめ。耐えられない。解いてよ。お願いだから!」
「まだ、だめだ」
「酷いよ!人非人!お願い。お願いだから。もう、ほんとにだめ」
 私が覗き込むとマリエーヌはくしゃくしゃと涙に濡れた顔をさっとそらす。お仕置きの時は、辺りはばからずに泣き、いくらでも懇願して見せるマリエーヌの新しい顔に私は、驚いていた。
 どうやら、こんな事で泣いているのを認めたくは無いらしい。顎に手を添えて顔を引き戻すと喰いしばった歯の間から、押さえきれない嗚咽を洩らしながら悔しそうに私を見た。
「さっきは、私も辛かった。あなたをあの男の手に委ねなければいけなかった時」
「だって、それは、私には、どうしようもなかったでしょう?貞操帯をつくるためなんだし…!」
「あなたは、私の嫉妬と苦しみを楽しんだろう?」
 驚いた彼女は、目をいっぱいに見開いて私を見つめた。
「そんな事ないってば。だって、ね。ニコラス、あなただって、それを楽しんでいたじゃない」
「そう?」
 私はつと、人差し指を伸ばして彼女の花びらの縁を優しくなぞった。
「いやああああああああ……!」
 そんなかすかな動作でも、彼女は絞め殺されるような声を上げると激しく身もだえして、逃れようとする。触れるか触れないかの境目の優しい愛撫は、痒みを激しくするだけで、彼女にとっては苦しみを尚、追い上げるだけの作用しかなかった。
 我慢できず、腰をもたげて振りたくり始めた彼女をよそ目に、私はそのかすかな愛撫を繰り返し、気まぐれにやめては彼女の鳴き声を絞り取った。
「酷い。酷いよ。やめて。お願い。ニコラス……」
 さしもの彼女の体力も、限界になってきたのだろう蒼ざめて震える声に力が無くなって来たのを感じた私は、立ち上がるとベランダのテーブルの上に放置されたままのティーセットの上に並べられていた紅茶のためのレモンの皿を持って戻ってきた。
 ひっくひっくとしゃくりあげる彼女の脚の割れ目に一枚を指で押し入れる。それから他のレモンを絞って赤く膨らんだ彼女のそこへ塗りつけてやった。息も絶え絶えだった彼女は、私がなすがままにじっとこらえている。それから、紐をナイフで手早く切って彼女を自由にしてやった。呼び鈴を鳴らして小間使いを呼ぶと、風呂の準備をさせる。
「ニコラス。このままにしちゃうの?」
 さんざん責め弄られた彼女の欲望がすっかり燃え上がっているのは分かっていた。だが、それは、私と彼女にとっても初めての行為になるはずだった。
「今夜…ね。あの男の手を借りてやりたくなんかない」
 マリエーヌは恥ずかしそうににっこりと笑い、脚の間からレモンを引き出した。
「不思議…もう、痒くないや」
 そして、顔を上げると当然のような様子でキスをねだった。




↓ランキングに参加しています。応援してね。☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ