fc2ブログ
 明け方の夢を膨らませて作った、切ないSMの物語


★新館・旧館・別館の構成★

1.新館、通常更新のブログ

2.別館、女性向けSMあまあまロマンス
つまりここ↑

旧館バナー
↑本館の旧コンテンツを見たい方はここに
プライベートモードです。パスワードは「すぱんきんぐ」
画像のリンク先は自己責任でお願いします




性的、暴力的な表現を含んでいます。
虚構と現実の区別のつかない方
18歳未満の方はご遠慮くださいませ。
自己責任に於いて閲覧していただきますようお願いします。

 
 しっかりと、電源が入っているのがすぐ分かるデジタルビデオカメラが三脚に据えられている前で服を脱ぐのは、さずがに恥ずかしかった。服を脱ぐ事よりも、どう振舞っていいのか分からない。何をどうしたって、相手に媚びているような気がして、迂闊な事は何も出来ないような気がした。ただ淡々と、服を脱ぐしか外にない。カメラが据えられている向かい側は壁面いっぱいの鏡だ。鏡に映る像は俺が今カメラに何を撮られているのか教えてくれる。精一杯平静を装って、なんでもない振りをして、いつものことじゃないかと自分に言い聞かせながら、それでも頬が熱く、身体が熱く、胸の奥からなおも熱いものが込み上げて来るのが分かる。そのすべてを、カメラの目に克明に写し撮られていくのが分かっていても、あれこれと惑うのをやめることは出来無かった。

 それは、すべて、鏡の正面。俺の後ろに、でかい革張りの安楽椅子に、やってきた時のダークグレーのスーツ姿のまま座っている男のせいなのだった。少し眉を寄せ、目を細めて肘掛け椅子に片方の肘を付き、軽く脚を組んでいる男、神崎聡史。背が高くて肩幅のあるきちんと筋肉ののった大人の身体を、スリムなイタリアントラッドのスーツにつつんで、度が入って無いんじゃないかと思う仕事用の縁のないメガネをかけ、利休鼠のシャツに濃淡のついた同じ色のネクタイを締めていた。
 いつまでたっても、俺は彼の前で服を脱ぐ事に慣れない。男が好きな俺と、SMが好きな神崎。俺達の間には相容れない性癖の壁があって、それを越えようとするたびに俺は、どうしたらいいのか分から無くて、途方にくれてしまう。相手が何を望んでいるのか全く検討も附かない上に、相手が望むような反応を返してしまうことに常に戸惑いと不安が付き纏う。

 普段のあいつと俺の間には、常に1メーターの距離があって、たまに気が向いた時にあいつはそれをひょいと気軽に越えてくる。それは、髪を撫でたり、キスしたり、すれ違いざまに身体に触ったりする何気ない接触だけど、あいつにべた惚れの俺は、その度に恋している高校生のように舞い上がり、処女のように戸惑うのだ。それは、やっぱり、神埼は別に男を好きなわけじゃないと考えてしまうから、「気持ち悪い」とか「べたべたするな」と思われるの怖さに俺が必死になって死守している1メーターを、彼にからかわれているような気分になるからだった。
 何しろ、初めて惚れて付き合ってる相手。しかも恋は一方通行。相手はサディスト。あいつのほんの気まぐれで俺は突き放されても不思議じゃなかったのだ。用心深く距離を取り、常に「まとわり付くつもりはない」と発信し続けていないと、俺はコントロールを失って、あいつの足にしっかりとしがみついてしまいそうだった。
 そんなみっともない事はしたくない。

 ・・・溜息。

 違う。してもいいけど、そんな振る舞いをするところを神崎にだけは見られたくない。
 好きになるって、なんでこんなにややっこしいんだろう。嘘をつけば後ろめたく、振りをすれば落ち着かない。誠実でありたいと思うほどに身動きなら無くなり、正直になろうとすれば、恥ずかしさでいたたまれない。しかも、あいつが見たいのはそんなふうにギリギリの所で俺が恥をかきたくないと必死になっている有様と来ているのだから、混乱する事この上ない。
 絶対に、絶対に、こいつにだけは見せたくないと思ってる姿を、洗いざらい底まで攫ってさらけ出す以外にあいつの気持ちに応える術が無いなんて・・・。それでも、やっぱり俺はあいつの側に居たくって、だから、こうして言われるがままにカメラの前で服を脱いだりしてる訳なんだ。

 服を脱ぎ終わって、まっすぐ鏡に向かって立てば、そこには何をどうしたらいいのかわからずに途方にくれている素裸の俺と、両腕を肘掛に乗せて脚を組んでくつろいだ様子でじろじろと俺を見ている神崎が映っている。鏡の中で視線が合う。ちょっと微笑んだ彼の口元。きっちりとネクタイに締めあげられたシャツが包んでいる首筋。スーツに包まれた広い肩。そしてその下で息づいているはずの筋肉。俺は思わず彼に見とれてしまう。裸で所在無げに立ち尽くしている俺よりもずっと色っぽく扇情的な男を。
 我を忘れた俺の視線が服の下の彼をみつめ、呼吸のたびにかすかに上下するスーツの下にある筋肉の動きを想像して、のぼせ上がっていく。鏡に近づく。一歩。また一歩。手を伸ばして彼に触れようとする。ひんやりと冷たいガラスに、掌を当てて・・・。その中にある彼の姿に少しでも寄り添おうとした。
 鏡の中でゆらりと神埼が立ち上がった。近づいてくる。一歩。また一歩。俺は怖気づき、思わず後ろに下がる。憧れが過ぎて、求める気持ちが強すぎて、本能的に逃げようとする。
 近づいてくる鏡の中の彼から。後ずさった俺は、待ち構えていた神崎の腕の中に絡めとられた。逃げようとして、却って近づいていく。近づこうとして却って遠ざかってしまう。背中に押し付けられた彼のスーツのボタンの冷たさが自分の身体が熱くなってしまっている事を教えてくれた。

 ぐいっと顎に当てられた掌が俺の顔を上向ける。彼は眼鏡を外すと片手で折りたたんでスーツの胸ポケットへ入れた。それから、覆いかぶさるようにのしかかってくる。覗き込まれ、彼の息が頬に掛かると、何もかもがその唇に向けて収束してくるような気分になって、俺は俺の唇の上でうっすらと開いて俺を待っているかのようなあいつの唇にむしゃぶりついた。
『カメラの前で・・・』
 息が苦しくなって、何度か唇を緩めて息を付いた隙に神崎が囁いた。なにを?と聞き返そうとした言葉はお互いの接吻の中に吸い込まれていく。角度を変えてもう一度。深く。それからもっと深く。いつの間にか向き合って、胸を合わせ、腹を合わせ、脚を絡ませて尚、もっとぴったりとくっつこうと腕に力を込めている俺。
『随分と積極的だな。』
 しがみつく俺の身体をまさぐりながら、首筋に向かって彼の唇が伝い降りていく。俺はすでに混乱のあまりに何がなんだか分からない状態で必死に彼の身体にしがみつきながら、その言葉を反芻する。なんだっけ?カメラ・・・。そう、ビデオカメラ・・・!
 ようやく、その言葉の意味を捕まえた俺は、間抜けな事に改めて分かりきってる事に気が付いて自分からしがみついている彼の身体を押しのけようとした。だが、そんなこと出来る筈が無い。相反する行動を一度に行っても、目的を達するには程遠い。中途半端に彼にぶら下がっている俺の身体はあっという間に彼の思い通りにくるりと向きを変えられて、両腕は鏡にぴったりと押さえつけられた。
『映ってるぞ・・・。』
 神崎は、後から腰を抱きかかえて、右耳を軽く噛むと耳朶に唇をつけて息を吹き込みながら囁きかけてくる。
『なにもかも・・・。』
 胸を絞り上げられるような羞恥が襲い掛かってくる。どうにも逃げようがない姿勢に押さえ込まれて、スーツのざらざらとした布目が素裸の背中を擦りあげる感覚を味合わされる。鏡をみつめる事もできずに逸らした首筋へ彼が舌をちろちろと動かしながら肩へ向かってその唇をずらしていく。堪らない・・・。見ないで。嫌。いやだ。

 堪えきれない喘ぎに曇る鏡に、ぺったりと頬を押し付けて、降りてくる彼の手の動きが与えてくれる感覚を貪欲にむさぼって、味わって、布越しに感じる筋肉に自分から尻を押し付けて、泣きながら、懇願しながら、揺さぶられながら、それでいて頭のどこかに冷めた感覚が一箇所だけ残っていてカメラに映っているだろう自分の姿をみつめている。二重構造の羞恥。二重構造の快感。愛情と重なる欲望と・・・・。
「いいか・・・?」
 何を聞かれたのか分からなかった。何を要求されているのかも分からなかった。それとも、感じているか訊いてたのだろうか。分からなかった。何もかも。いい。いいんだ。なんでも、どうしても、どんな事をしても・・・。俺は何も応えずに、黙って彼の身体に強く自分を押し付けた。

 側に居られるなら。それだけでいい。なんでも、いい。





↓ランキングに参加しています。応援してね。☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ

スポンサーサイト
[PR]