fc2ブログ

6、咲きにおう・・・

ここでは、「6、咲きにおう・・・」 に関する記事を紹介しています。
 晃は、一度詩織の側を離れた。
辺りには、聡史の切るシャッターの音と詩織の呼吸する音だけが聞こえている。いや、もう一つ。縄が鳴る音がしている。胸を締め付けられてうまく息が吸えない詩織が、必死に息を吸い込むために胸をふくらませ、その度に縄が擦れあって、きゅうきゅうと音を立てているのだった。
 ただ、立っているだけでふらふらしてきた詩織の様子を見て、晃はその腰を支え、肩にそっと手を乗せてその場にしゃがむように誘導する。横座りに座り込み俯むいている詩織は、かすかに震えていた。
 聡史が一本目のフィルムを入れ替えてカメラを構え直すのを待ってから、晃は手を伸ばし、裾をだんだんと乱して行く。思わず詩織は尻でにじるようにして後じさってしまう。 
 晃の手がむき出しになった脛にかかると、詩織は、くすぐったさとないまぜになった表現の出来ない感覚襲われたのだろう。ぶるっと身震いをするとさっと顔を背けた。その頬はすっかり赤く染まり額には汗がうっすらと滲んでいる。
 晃はそのむき出しの脛を掴むと、いきなり引きずり寄せた。バランスを崩した詩織が、畳の上にひっくり返る。両腕がつかえないので思わずバランスを取ろうと足を蹴り出してしまい、よけいに裾を乱してしまった。
「あ……」
 首筋まで赤くなった詩織は起き上がろうともがくが、足首を掴んだ晃はそれを許さなかった。強引にぐいっと足を引き寄せると、横になった詩織は床をなすすべもなく引きずられるしかない。必死に背を逸らし、身を捻ろうとするが、足をばたつかせ、裾がめくり上がるばかりだった。
「いや……」
 晃は、さんざん、詩織を藻掻かせておいてから、詩織との距離をひょいっと縮めると片方の足首にくるくると縄を巻き付けた。しっかりと止め付けたと思うと、立ち上がって欄間の隙間に縄を投げ上げぐいっと引き絞った。詩織の足は、あっという間に空に吊り上げられた。
 初めて味わう縄の喰い込みに、詩織の顔が歪む。すでに乱れていた着物の裾は詩織の足が引き上げられるとともにするすると肌を伝い、もう、太股のあたりまで滑り落ちている。詩織は激しい羞恥に貫かれてやみくもに足をとじ合わせようとした。
 くくられた両手の拳が白くなっている。しっかりと膝を閉じると、吊られた足首に体重がかかる。腰が上がるほどには吊り上げてはいないが、それでも、片足だけを吊られるのは痛みがあるはずだった。
 詩織はしっかりと目を瞑り肩で息をしている。胸にかかった縄が、彼女の息を喘がせる度に、きゅう、きゅうと鳴る。晃は、幾重にも足首にかかった縄が血行を完全に止めてしまっていないのを確認してから、膝の下辺りにに別の縄をもう一本かけて、体重を分散させた。それから、ゆっくりとまた後ろに下がった。
 入れ替わりにカメラを構えた聡史が前に出た。晃は、一番後ろの柱に寄りかかって腰を下ろした。そこからでも、ライトの当たっている詩織の表情ははっきりと読みとれた。すでに額にびっしりと汗が浮かんでいる。寄せられた眉が詩織の苦痛を表していた。聡史がフィルムをかえる僅かな時間に、晃は、右手を伸ばしてさらに裾をめくりあげる。
「い、いやっ!」
 反射的に詩織が腰をひねる。だが、それは、身体を隠すのに何の役にも立たず、ただ、吊られた足首を痛めつけるだけだったろう。詩織の身体が苦痛から逃れようとして、微妙に少しずつ位置を変えて行くが、どうやっても楽にはならなかった。
 足が震えはじめる。だんだんと詩織も理解し始めているのだ。その苦痛から逃れるには、しっかりととじ合わせた足を開いて、くくられていない方の足を床に付き身体を支えることしか術が無いという事に。
 心はどんなに抵抗していても、身体はいつまでも耐えられはしない。苦痛は歯を食いしばって凌いでも、体力はどんどんとそぎ落とされていく。詩織の足は、気を許すと膝が離れ始め、はっと気が付いて一時は持ち上げてもやがてはゆっくりと下がってくるしかなかった。
「あ……」
 嫌々、と首を振り、滲む涙を振りこぼしながら、詩織はやがて、降参した。足はぱっくりと開き、晃の手で乱された裾は床に落ちた足とともにすっかりとめくり上がって、下腹の淡い茂みさえも覗いてしまっていた。その様はまるで月の光に誘われて開く花のように咲き、隠微に匂い立っていた。


↓ランキングに参加しています。応援してね。☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ


スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/26(月) 00:04 | | #[ 編集]
詩織さんの羞恥が文章からにじみ出ています…。
でもきっとステキな表情をしてるんだろうなぁ…。
聡史さんはこんなにステキな恋人を世の中の人に見せてもいいの?
共有してもいいの…??
後悔しない??
(老婆心でしたぁーッ(U´Д`)
2006/06/26(月) 10:52 | URL | せつな #-[ 編集]
 さやかなら、絶対にみせびらかしちゃうかも。
こんなにすてきな彼、私のものなんです!
・・・(*^-'*)> ぽりぽり
・・・・視点が違いましたね。
 責めるシーンばかりで三人とも
全然キャラが立ってこないけど
せつなは聡史と晃どっちがタイプですか?
2006/06/27(火) 14:32 | URL | さやか #DS51.JUo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する